金融庁は1日、仮想通貨交換業者登録一覧に新しく4社追加しました。これにより、合計で15社が金融庁の登録済となりました。4社のうち3社が関東財務局、1社が近畿財務局の所轄となります。

登録された業者は、「株式会社東京ビットコイン取引所」、「株式会社ビットアルゴ取引所東京」、「エフ・ティ・ティ株式会社」、「株式会社Xtheta」の4社です。

取り扱う仮想通貨を確認する限りでは、Xthetaではビットコイン(BTC)以外にも、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、カウンターパーティー(XCP)といったアルトコインも取り扱うようです。

また、他の仮想通貨取引所の審査の進捗状況は明かされていません。以前記載があったように金融庁ホームページ内に「継続審査中」という記載はありませんが、ここで挙がっていない取引所も、引き続き審査をしているようです。

大手取引所の「Coincheck(コインチェック)」では、1日付で登録状況について経過報告がされています。現在は最終調整を行っている段階であり、「仮想通貨交換業者に関する内閣府令」第36条で決められているとおり、申請から2ヶ月経過後でも、通常と変わらずサービスが受けられるので安心するように呼びかけています。

今回金融庁のホームページを先に確認してコインチェックの名称が入っていなく、残念だという声も聞かれますが、安心して大丈夫です。金融庁発表の仮想通貨交換業者登録一覧とコインチェックの進捗は以下の参考をご確認ください。

参考:金融庁(PDF) , Coincheck