マイクロソフトはAzure上のEthereumベースのアプリケーションを構築しているクライアントのために、マイニング不要のコンセンサスメカニズムを追加した。

Proof-of-Authority(権限の証明)と呼ばれるこのメカニズムは、パブリックなブロックチェーンで一般的なPoW(Proof-of-Work)のマイニングプロセスを置き換えることができる。

しかし、これは許可されたネットワークのシナリオ、すなわち招待された当事者だけがノードとして参加できるプライベートまたはコンソーシアムのブロックチェーンでのみ適用可能だという。AzureソフトウェアエンジニアのCody Born氏がブログに投稿しました。

機関投資家は、Proof-of-Authorityを採用することでトランザクションをより効率的に検証し、高度なセキュリティを維持することが可能になると、AzureソフトウェアエンジニアのCody Born氏は述べている。

「マイニングを必要としないProof-of-Authorityは、より効率的かつ依然としてビザンチンのフォールトトレランスを維持できます。」

Proof-of-Authorityコンセンサスは、本質的に分散ネットワークへの参加の証として招待された当事者の存在を必要とする。

そのため、この機構は「それぞれのコンセンサス参加者が、複数のノードを代理して委任することを許可する。」と述べ、1つのノードがダウンしてもコンセンサス機関がネットワーク上にその存在を維持できることを保証することを目標としている。

Proof-of-Authorityは新しいものではなく、イーサリアムクライアントのパリティからの開発者によって最初に考案されている。また、VeChainブロックチェーンにも導入されている。

今回の追加は、Microsoftが5月に発表 したAzure Blockchain Workbench(クラウドコンピューティングプラットフォーム上の分散アプリケーションを構築する企業のプロセスを合理化するツール)に続くものとなった。

参考:CoinDesk